加圧・着圧シャツを1か月試したら細マッチョに近づくか?3ヶ月後の効果も紹介

加圧、着圧シャツを愛用し続けること1か月。

朝起きて、会社に行く前に加圧・着圧シャツに着替え、仕事中はず~っと着用して帰宅後に食事をして、お風呂に入る前まで着る生活を1か月続けました。

記事の最後に3ヶ月続けた結果も紹介します。結論から言うと大成功で細マッチョボディになれました。

加圧・着圧シャツを着るだけなのですぐ買った方が良いですよ。

SASUKE

加圧・着圧シャツを着る以外にトレーニングをしてしまうと体形変化の原因がシャツだけなのか、トレーニングの効果なのかがわからないので、日常生活や仕事で歩く以外は運動らしいことをまったくせずに過ごしました。さて効果はどうだったでしょうか?

【実録】加圧、着圧シャツの1か月の効果検証結果を発表します!

1か月前に買ってからは、
・平日の朝の出勤前から帰宅後の入浴前まで着る
・土日、休日は着用しない
ことを続けました。

結果をBefore-Afterで比較しました。

Before 1か月後

画像の撮り方がうまくありませんが、見比べると違いはわかります。

正面から見ると胸と腹の境にメリハリがつき、横から見るとお腹の出っ張りが、かなり引っ込んだように見えます。

「体重の変化は?」というと、

加圧シャツ1か月の体重変化

劇的ではありませんが、減ってる感はあります。

やったことは、会社に行く前に加圧・着圧シャツに着替えて、その上にカッターシャツ、スーツといった普通のサラリーマンの格好で仕事をし、帰宅後、お風呂に入る前まで着続け、夜寝る間と休日は超回復することを願って加圧シャツを着ませんでした。

筋肉の超回復が期待できるほどのトレーニング効果が加圧・着圧シャツにあるかどうかは疑問でしたが、ただひたすら1か月続けた結果です。

1か月の加圧・着圧シャツ生活で実感したこと

①加圧・着圧シャツの加圧、着圧のつらさはほとんどない

肌触りが良く、しっとりとした生地のおかげもあり、加圧のつらさはほとんど感じることはありません。誰でも無理なく続けられると思います。

②加圧・着圧シャツを脱いだ後の上半身の疲れ

着用している平日はあまり感じませんでしたが、特に休日の着用しない日になると筋肉痛ではありませんが、上半身にダルさを感じました。結構、体には負荷がかかっていたんだと感じます。

③加圧・着圧シャツを着ていてもそれほど暑さを感じない

ネットでは、「体感温度を高く感じる」「汗をすごくかく」といった書き込みがありましたが、私はそれほど暑いと感じませんでした。首回りが割と広めに開いているのと、腰回りが薄く作ってあるせいか、むしろ涼しく感じました。この点は夏まで続けてどうかを確かめてみます。

④加圧・着圧シャツの着用だけでは、腹筋はシックスパックにならない

ネットには、

「着るだけですぐ痩せる!」

「1週間で腹筋がバキバキに割れます!」

なんて書き込みもありましたが、そんなことにはなりませんでした。当たり前ですよね。

上半身を締め付けられている着圧効果のおかげで、空腹感はかなり押さえつけられている気がします。午後3時頃に小腹が減っておやつを食べる習慣があったのですが、食べなくても大丈夫になりました。実は、おやつを抜いたことが一番体の変化に効果があったのかもしれません。

加圧・着圧シャツを3ヶ月続けた結果を紹介

さらに3ヶ月続けた結果を紹介します。1~3か月後の違いは微妙というか、効果が持続していると思った方が良いですね。

最初 1か月後 3か月後
3か月後正面
3か月後横

加圧シャツを着て体重測定を続けた結果を紹介

体重記録も続けまして、効果はこれぐらい。体重をつけ忘れた日もありますが、日々の推移です。

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットは加圧シャツの効果というよりは、晩御飯の炭水化物をなくしたことが大きいです。つい大好きなカレーライスやフライドポテトを食べてしまうと翌日の体重が増えますね。大好きな炭水化物を夜は我慢して朝に食べるようにしています。

体重が減るとちょっとしたことで体重が増えるので、自然と食事に気を付けるようになりました。

食事のコントロールと加圧シャツを組み合わせてやせながら細マッチョになれました。シャツの生地は3か月ほどで伸びて効果が減るそうなので、また買い替えようと思います。

着るだけで効果があるので、やった方が得です。

SASUKE

コメント