【基礎知識】細マッチョダイエットの種類と方法3つ

細マッチョになりたい人

「細マッチョ トレーニング方法にはどんな種類があるのだろう…。全体像を知りたいな。自分に向いている方法で細マッチョ トレーニングを始めたいな。」

本記事では細マッチョ ダイエットトレーニングの種類/方法とどういう人に向いているかを解説します。

解説するのは、
・自宅,通勤,仕事中にトレーニング
・パーソナルトレーニングジム
・フィットネスクラブ
の3つです。

現在の私は自宅、通勤、仕事中のトレーニングで体重コントロール、細マッチョボディをゲットしようと頑張っています。また、学生時代にはフィットネスクラブでアルバイトをしつつ暇なときにトレーニングをして、細マッチョではなくムキムキマッチョボディを作っていました。

なので、細マッチョボディを目指す方に向けて、最低限の質は担保した情報にはなるかと思います。パーソナルジムだけはちょっと苦手で、1か月だけ通った経験がある程度です。

前置きはこれくらいにして、解説します。

SASUKE

細マッチョ トレーニングの種類/方法を3つ解説します

・自宅,通勤,仕事中にトレーニング
・パーソナルトレーニングジム
・フィットネスクラブ

自宅,通勤,仕事中にトレーニング

即効性 ★☆☆☆☆
安定性 ★★★★☆
必要な知識 ★★★★★

コツコツ、毎日継続出来る人、お金/時間をあまりかけたくない人に向いています。

私がおススメの方法です。

特殊な機材を使わずに、普段の生活にトレーニングを取り入れて、主に自分の体重負荷でトレーニングをして、細マッチョボディを目指します。正しい方法を継続できれば、一番安く結果が出やすく、完全に自分のペースでできる方法です。

普段の生活にトレーニングを組み込むため、時間の制約がなく、生活習慣を変える必要はほぼないため、トレーニングそのものの時間が取れない人には最適な方法です。

パーソナルトレーニングジム

即効性 ★★★★★
安定性 ★★★☆☆
必要な知識 ★★☆☆☆

初期投資を惜しまない人に向いています。

私は1か月だけ通ったことがあります。

その魅力は完全にパーソナライズされたトレーニングメニューになるので、即効性が非常に高い!なりたい体といつまでになりたいかといった自分の希望を伝えるとプロのパーソナルトレーナーがオリジナルメニューを作って、目標達成をサポートしてくれます。

パーソナルジムは専属のプロパーソナルトレーナーが付くことをはじめ、充実のサポートがあるため、入会費や月額の料金は高くなります。

ジムにもよって料金はさまざまですが、1ヶ月で10万円以上のジムもあります。

金額に抵抗を感じる方は、入会を申し込む前に無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。料金の返金保証制度が付いているジムもあるので、事前に調べて申し込みましょう。

パーソナルトレーニグジムの最大の魅力はプロトレーナーとマンツーマンでトレーニングを行うので、目標を達成しやすいことです。

有名なパーソナルトレーニングジムといえば、ライザップです。
今では有名になったので、知らない人はいないでしょうね。

フィットネスクラブ

即効性 ★★★☆☆
安定性 ★★☆☆☆
必要な知識 ★★★☆☆

トレーニングの基本知識を身に着けている人、知らない人と接することに抵抗の少ない人が向いています。言い換えると社交的な人が向いていると言えます。

トレーニング機器が置いてあるジムで自分でトレーニングメニューを考えてトレーニングするジムです。
パーソナルジムに比べて入会費、年会費は控えめで、自分のペースで気軽に通えますが、通った時間にいるトレーナと相談しながらトレーニングする必要があります。トレーナにトレーニングに関する知識がないと間違ったトレーニングメニュー、トレーニングになる可能性があります。

料金は、月額数千円~1万円くらいです。無料体験で事前にトレーナーの知識レベルを確かめることをお勧めします。

細マッチョダイエットトレーニングの種類や方法は様々、共通で必須になるスキルとは

トレーニング以外にも当てはまりますが、共通で必須になるスキル、マインドは。

不確定な未来に向けて、自分を信じて、継続して努力できる人

ぶっちゃけ細マッチョダイエットトレーニングじゃなくて英語勉強にも同じことがあてはまります。トレーニングを続けるにせよ、英語勉強にせよ、未来はわかりません。めちゃくちゃ成功して細マッチになるかもしれませんし、さっぱり効果がないかもしれません。

細マッチョダイエットトレーニングを毎日コツコツ続けても、徐々に変化が起こるかどうかはわかりませんが、辞めたら絶対効果は得られません。

ただのぽっちゃりサラリーマンより、細マッチョボディなサラリーマンの方が会社の健康診断や地元の銭湯に入るときに優越感を得られます。違いは、不確定な未来に対して、自分を信じて継続して努力できたかです。

まずはできることから始めよう

急にパーソナルジムに通うとか、いきなりフィットネスジムに通うのは、やり過ぎ感を感じますし、怪我の原因にもなります。

まずはできることから始めるのが良いと思います。とはいえ、この記事を読んで行動する人は、100名中3名くらいでしょうけど・・・。

というわけで、行動さえすれば、トップ3%に入ります。継続すれば、成功するかもしれません。明日に先延ばしするのもかまいませんが、行動しないと人生変わりません。

SASUKE

コメント