英語プレゼンで表とグラフの説明ができないとビジネスにならない

英語のプレゼン資料で、表とかグラフって、どう説明すればいいのかな。

円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフとかあるけど、用語がわからないし、うまい言い方ないかな。

こんな疑問にお答えします。

 

この記事を読むのに5分ほどかかりますが、読めば、表、グラフを英語プレゼンでどう説明するかが一通りわかります。

 

ぶっちゃけ、英語のプレゼンで面倒なのが、表とグラフです。

 

言いたいことを決めて、バシッと説明する方法を解説します。

 

英会話スクールは数多くありますが、ビジネス経験のない外国人講師が多いです。そんな中、ビジネスに特化した英会話スクールで、かつオンラインで受講できるビズメイツは非常に強力な味方です。

 

「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)
無料体験レッスンでレベルアップを狙う。
ビジネス経験のある講師のレッスンが270円~。即ポチですね。

 

 

英語のプレゼンテーションで表とグラフは必ずあります。表、グラフとも説明のパターン、順番がありますので、是非、覚えましょう。

 

実は、英語がうまくても、表とグラフのプレゼン説明が下手な人は多いです。

 

長々と、端から端まで説明して、「結局、何が言いたいの?」って人が多いです。

 

まずはパターンを覚えましょう。

表、グラフの説明で使う英語用語、基本的なフレーズを理解しよう

英語で表、グラフを説明するためには、まず英語フレーズを覚える必要があります。

 

これぐらいは覚えていないと話になりません。全部暗記しましょう。
・表 table, list
・折れ線グラフ line graph
・(縦)棒グラフ vertical bar chart, bar graph
・横棒グラフ horizontal bar chart
・縦軸 vertical axis, vertical line または y-axis
・横軸 horizontal axis, horizontal line または x-axis
・円グラフ pie chart
・真ん中が開いたドーナツ状の円グラフ doughnut chart
・実線 solid line
・点線 dotted line
・破線 broken line
・太線 thick line
・細線 thin line

 

ずばり覚えておくべき3つは、

table(表)、graph(グラフ)、line(線)

だけです。

 

英語プレゼンで表、グラフをうまく説明する方法は、話し方を覚えるだけではなく、コツとしては、プレゼン資料は、説明しやすいように

  • シンプルな表、グラフ、線を使う (例:色は2種類、凡例は3つまで)
  • 1スライドには、1つのグラフ(複数のグラフは使わない)
  • 表とグラフを同じスライドに混在させない

とシンプルなルールで作りましょう。

 

例えば、折れ線グラフを英語プレゼンで使う場合には、凡例を実線(solid line)と点線(dotted line)で分けるのではなく、

 

青線(blue line)と赤線(red line)のように色だけで分けた方が、覚えるフレーズが少なくてすみます。

 

自分も英語で説明しやすいし、聞く方もわかりやすくなります。

 

表、グラフのトレンド、増減を説明する英語フレーズ:
・増える increase
・変わらず remain the same
・減る decrease

 

表、グラフで数値の変化を説明する英語:
・drastically
・dramatically
・sharply
・rapidly
・steadily
・gradually
・constantly

 

では練習です。次のグラフを英語でプレゼンしてみましょう。

折れ線グラフの例

例)Bは劇的に増加している。
B increases drastically.

Aはず~っと変わらない。
A remains the same constantly.

 

紹介した英語フレーズをいくつか組み合わせれば、例えば、円グラフを英語プレゼンで説明することもできます。

「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)
無料体験レッスンでレベルアップを狙う。
ビジネス経験のある講師のレッスンが270円~。即ポチですね。

表を英語でプレゼンする方法を解説します

次に表を英語で説明する方法です。

 

膨大なデータを一覧にリスト化したものが表です。

 

表の良い点は、グラフのように種類が多くなく、表と言えば一種類しかありません。

 

ですので、”table” か “list” で表は説明できます。

 

次に表のデータの説明方法ですが、英語プレゼンする前に伝えたいことを絞りましょう。

 

日本語でも同じですが、いきなりプレゼンで詳細を説明することはNGです。

•そもそも何の表?

•縦軸と横軸は何?

と大枠を説明して、ポイントを3つ説明して、詳細説明です。

 

たとえば、次の表を説明する場合に、日本語だとどう説明しますか?

英語で説明する表の例

 

表のタイトルは「人口成長率」、国A~Cの2015~2017年の人口増加率が載っています。

ポイントは3つ、
・国Aは毎年の増加率が伸びている
・国Bは3%台と高い増加率が続いている
・国Cは2%弱の増加率が継続している

として、まず、日本語でプレゼン説明する練習をしてみましょう。

 

「この表は人口増加率を表しています。

国A~Cについて、2015から2017年の人口増加率が記載されています。

特徴は3つあります。

1つめ、・・・。2つめ、・・・。そして3つめは、・・・。」

こんな感じで説明すると伝わりやすいですね。

 

では次に英語で表を説明する方法を解説します。

 

先ほどの表であれば、①~⑤の順に説明します。

表を英語で説明する順番

 

①表のトピックを一文でシンプルな英語で説明するには、
・例1:This table shows …
・例2:This table describes …
・例3:You can see from this table that …
・例4:Let’s look at …
のような表現が便利です。

 

②英語で表の縦軸を説明するには、
例1:There are 3 main countries.
例2:I’ll focus on 3 major countries.
例3:This table lists the top 3 countries.

 

③英語で表の横軸を説明するには、
例1:and for each, I’ll explain…
例2:and for each, you’ll hear…
例3:and for each, this table lists…
例4:and for each, I’ll introduce…

 

④表で伝えたいポイントの数を3つ英語でガツーンと説明します。
例1:There are three unusual points.
例2:I’ll describe three interesting findings.
例3:The main important points are three.
例4:Please look at three important points.

 

⑤それぞれのポイントについて、詳細情報を英語で説明します。
例1:First … Second … Third …
例2:One … Two … Three …
例3:Firstly … Secondly … Finally …

では、通しで見てみましょう。

 

① This table shows population growth rate by country.
② This table lists 3 main countries.
③ and for each you can see population growth rate from 2015 through 2017.
④ There are 3 interesting findings.
⑤ First, country A has steady growth year by year.

 

Second, country B grows around 3% continuously.

 

Third, country C is low growth rate constantly.

 

こんな感じで英語で表を説明してみましょう。

 

「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)
無料体験レッスンでレベルアップを狙う。
ビジネス経験のある講師のレッスンが270円~。即ポチですね。

 

【例題】表を英語プレゼンで説明

もう一つ表を英語でプレゼンしてみましょう。表の内容はでたらめです。

 


Japan’s Trading Partners

Rank Country Value
(US $Billion)
% of Total Increase (%)
1 USA 119 28.5 98
2 China 40 9.6 129
3 South Korea 28.6 6.9 113
4 Taiwan 26.3 6.3 108.5
5 Hong Kong 25.4 6.1 109
6 Singapore 14.2 3.4 96.5
7 Germany 14.1 3.4 90.4
8 Thailand 13.2 3.2 111.4
9 UK 12 2.9 98.5
10 Malaysia 11 2.6 100

 


 

伝えたい重要な3つの点を
・アメリカが28.5%と最大の貿易相手国
・中国の増加率は129%以上
・中国の40$Bはアメリカの119$Bの3分の1
とします。

 

では、練習してみましょう。前回の表と違うのは、横軸が時系列ではなく、それぞれ異なる指標になっている点です。ここをどう説明すると良いでしょうか?

 

This table shows Japan’s trading partners.

It lists rank 1 through 10.

For each rank we see the country, its value, its % of total and its % increase.

There are three items I’d like to draw your attention to:

First, the USA is the largest trading partner with 28.5% of the total.

Second, trade with China has increased by over 129%.

Third, China’s $40 billion trade amount is 3 times less than at of the US with $119 billion.

こんな感じでどうでしょうか。

 

コツは、縦軸の説明で、”1 through 10″で”through”を使うことです。

 

“to”でも伝わりますが、表に数字の2(two)があるとtwo, toと似た発音が増えて、「どのトゥー?」と伝わりにくくなりますので、”through”を使いましょう。

 

もちろん、表の横軸が時系列になっている場合でも”from X through Z”と英語で説明できます。

 

「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)
無料体験レッスンでレベルアップを狙う。
ビジネス経験のある講師のレッスンが270円~。即ポチですね。

 

図解 英語でグラフを説明する方法

次に英語でグラフをプレゼン説明する方法を解説します。基本は、表とグラフは同じです。

英語で説明するグラフの例

 

 

英語で表を説明するの同様に、グラフも次の①~⑤の順に説明するのがお勧めです。

グラフを英語で説明する順番

①グラフのトピックを英語一文でシンプルに説明します。

②横軸(構成)を説明します。

③縦軸(数値、単位)を説明します。

④伝えたいポイントの数を英語でガツーンと説明します。

⑤それぞれのポイントについて、詳細情報を説明します。

 

では、通しで見てみましょう。

 

① This graph shows X company profile.

② X company is broken down 10 products.

③ Each product is rated from 1 to 10%.

④ This profile has three important characteristics.

⑤ First, strongest items are 1, 7 and 8.

Second, products 2 and 5 are below 5%.

Third, all products are between 5% and 9%.

 

是非、英語でグラフを説明する練習してみてください。

 

「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)

 

まとめ 英語プレゼンで表とグラフを説明する方法

英語のプレゼンで苦戦するのが、ぶっちゃけ表とグラフの説明です。

 

表とグラフの説明が下手な人は多いです。

 

プレゼンでは最初にプレゼンの目的、結論、言いたいメッセージを伝えて、「なんで?」の理由説明に表とグラフを使います。

 

英語で表とグラフの説明する方法は基本的には同じです。

 

①表、グラフのトピックをシンプルな英語で説明する

②③表であれば、縦軸⇒横軸の順、グラフであれば、横軸⇒縦軸の順番に説明する

④ポイントは3つ

⑤それぞれの特徴を個別に説明する

 

これだけです。

 

英語で、表、グラフをうまくプレゼン説明できるとプレゼンの説得力が間違いなく上がります。

 

ワンパターンを覚えたら、レパートリーを増やすためにアウトプットしましょう。

 

↓↓↓アウトプット重視は↓↓↓
「ビジネスに特化」したオンライン英会話スクール Bizmates(ビズメイツ)
無料体験レッスンでレベルアップを狙う。
ビジネス経験のある講師のレッスンが270円~。即ポチですね。

私もお世話になりました。AOオン、ライOップとか英会話スクールはいろいろありますが、講師がどれだけビジネスに精通しているかが重要です。ビズメイツは講師の質が高いですね。

 

おすすめの書籍: 

英語プレゼン全体のまとめ記事を参考にしてください。

コメント