[アイスブレイク] 英語会議前に交わす何気ない英語表現

英語会議の参加メンバーがぽつりぽつりと集まり始めたぞ。全員が揃うまでの時間ってどうすればいいのかな。何気ない会話でつなげると良いんだけど、そうこうしているうちに外国人同士で話し始めたぞ。何をどう言えばいいのかわからないんだよね。

会議前に集まってきた人を出迎えて、何気ない会話を始めておくことで、その後の会議がスムーズに、楽しく進むことってありますよね。ここで紹介するいくつかの表現を覚えて、是非、会議前に相手にポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

大切なのはアウトプット。

・スカイプでオンライン英会話
・朝5時~深夜25時まで30分前まで予約可能
・1回158円~/月5,980円(税込)
・まずは無料体験から

産経オンライン英会話

会議前の自己紹介でお互いの名前と顔を一致させよう

自己紹介を始めるときの英語表現、フレーズ

会議で集まったメンバーと会議に入る前に自己紹介をしましょう。そんなときは、こういう表現で切り出します。
・Hello. Please let me introduce myself. (こんにちは。自己紹介しますね。)

もし、自己紹介をし忘れて会議を始めてしまった場合には、そのままお互いの名前がわからないまま、「この人の名前なんだっけ・・・」と気になって会議に集中できなくなりますので、一度、会議を中断して、自己紹介をしましょう。

そんなときには、
・I’m sorry, we haven’t been introduced. (ごめん、自己紹介してなかったね。)
とサクッと自己紹介をしましょう。

自己紹介の英語表現、フレーズ

自己紹介するときには、自分の名前
・I’m (name).
とあわせて呼んでほしい名称:
・Richard(リチャード)なら、Rich(リッチ)
・Robert(ロバート)なら、Rob(ロブ)
も紹介しましょう。

・Please call me (呼んでほしい名称). (OOと呼んでね。)
・Most people call me (名称). (みんなOOと呼ぶよ。)

自己紹介とあわせて会議に集まってくれたメンバーに感謝を表現するときには、

・It’s a pleasure to meet you, I’m (name). Please call me (名称).

といった表現が使えるとばっちりです。

相手の名前を確認する英語表現、フレーズ

聞きなれない名前だと、一度聞いただけでは正しく理解できているかわからないので、確認したいですよね。そんなときは、わからないままにせず、きちんと確認しましょう。

・I’m sorry, your name is OO? (ごめんね。名前はOOだっけ?)
・Excuse me, could you repeat that? (すみませんが、もう一回言って?)
・Your name is OO. Did I pronounce that correctly? (あなたの名前はOO。発音合ってる?)

たかが自己紹介ですが、初対面の場合には、互いにニックネームをつけあうとか、良くある名前(common name)またはレアな名前とかで意外と盛り上がります。簡単に親近感を持てる非常に便利な儀式ですので、是非、楽しんでトライしてみてください。

また、自己紹介の時は、笑顔で相手の目を見ながら握手するといったBody languageも取り入れましょう。

自己紹介の後は”How are you?”で相手の調子を確認して、会議に入ろう

英語の”How are you?” “I’m fine.” は、お決まりの儀式と割り切ろう

欧米人は必ずと言っていいほど、”How are you? (元気?調子はどう?)”と言ってきます。会議に入る前の儀式と割り切って、お互いの調子を確認しあいましょう。

・How are you today/this evening? (今日の調子はどう?/今晩の調子は?)
・Hi, how are you doing?
・How was your day? (今日はどんな日だった?)

他にも具体的に相手の調子を確認する表現は、

・Is this your first time to Japan? (日本に来るのは初めて?)
・How long have you been in Japan? (どれぐらい日本にいるの?)
・How was your flight/jet lag? (フライト/時差ぼけどうだった?)

ここで、面白いことが聞けたら、少しその話を膨らませるのも良いです。

・That’s interesting. Could you tell me more about…? (それは面白い、もう少し・・・を聞かせて?)
・How did that happen? (どうしてそんなことが起こったの?)

会議にスムーズに入る英語表現、フレーズ

自己紹介、調子の確認が終わって、お互いの緊張が溶けてきたら、会議室に移動して、会議に入りましょう。そんなときの表現は、

・Well, shall we go to the meeting room? (じゃ、会議室に行きましょうか?)
・Let me take you to the meeting room. Please follow me. (会議室に案内します。着いてきてください。)

・Shall we start the meeting? (会議始めて良い?)
・Well, let’s move on to business. (よし、じゃあ仕事の話を始めよう)

会議が始まるまでの時間も貴重なコミュニケーションタイムですので、ほんの数分ですが、積極的に情報交換を楽しみましょう。

大切なのはアウトプット。

・スカイプでオンライン英会話
・朝5時~深夜25時まで30分前まで予約可能
・1回158円~/月5,980円(税込)
・まずは無料体験から

産経オンライン英会話

コメント