【契約社員が正社員で転職】おすすめの方法と転職エージェントとは?

退職願就職面接

「正社員と同じ仕事をしてるのに、契約社員だからって、有休は少ないし、ボーナスと退職金がないのは納得いかない」

 

こんな悩みありませんか?

 

実は、人手不足の今、企業は正社員の人員確保に必死です。

 

なぜなら、高齢化で定年を迎える社員が増え、今後、急速に多くの企業で正社員が減るからです。

 

この記事では、契約社員から正社員になる方法を紹介します。

 

嘘と思うかもしれませんが、私は、契約社員二人にそれぞれアドバイスして、見事、他社に正社員として転職できました。

契約社員時代と比べて収入が格段にアップしたと喜ばれました。

 

結論から言うと、転職する前の準備がとても重要です。

 

【契約社員から正社員に転職活動をする前に】正社員向きな人とは?

契約社員より正社員向きの人の特徴は、実務力(結果)と提案力(付加価値)

 

・何をするか(作業)ではなく、なぜ(目的、背景)を理解しているか?

・自分で仕事の優先順位付け、業務課題バラシができるか?

・計画と実績を比較して、自分でPDCAが回せるか?

・上司にホウレンソウ(報告、連絡、相談)できるか?

・ロジカルに考えて、分かりやすくプレゼンできるか?

・同じ仕事は、二回目からは失敗せず、効率的にできるか?

 

挙げたらキリがありませんが、定型業務の多い契約社員に対して、非定形業務も扱う正社員。非定型な業務に自分で仮説を立てて、アウトプットすることが求められます。

 

結果に対して、「OOになりました」ではなく、「OOになりましたので、XXを提案します。なぜなら□□・・・。」とロジカルに説明されると仕事を頼む方も安心できます。

 

とはいえ、今はどこの会社もスピード重視です。

15分考えてわからなかったら、すぐ上司に相談して、次のアクションをしましょう。

 

依頼に対して、

・「どうやったらできるか?」を自分で考える

・+α(プラスアルファ)を提案する

ことを契約社員の仕事でも心がけましょう。

日頃の訓練が大切です。

 

正社員よりも能力が高いと感じる契約社員が注意すること

「正社員Aさんは仕事ができない、私の方が優秀」と感じても、そのAさんの能力が、あなたの会社の平均以上かどうかに注意しましょう。

仕事ができない社員と比較して、「私の方ができる」と思ってても、先がありません。仕事がそこそこできる人と比較しましょう。

 

客観的に「あなたは正社員で通用する」と価値を認めてもらえることが重要です。

 

比較したい正社員の評価が、上司から見て平均以上かどうかを確認するのがおすすめです。

 

契約社員から正社員になるルートは2つ

契約社員から正社員になるルートは2つ:

  1. 今働いている会社で正社員登用される
  2. 他社に正社員として転職する

です。

 

それぞれ紹介します。

 

契約社員の正社員登用は、あなたの会社しだい。一般的には困難

 

あなたの会社で

  • 契約社員が正社員に登用される制度がある
  • 契約社員から正社員になった人が過去にいる

場合は、いずれ正社員になれる可能性はあります。

 

実際、ITやゲーム業界には、最初の試用期間は契約社員として雇用され、試用期間後、正社員に登用する会社もあります。

 

今働いている会社に制度があるか、過去の正社員登用の実績を調べましょう。

 

正社員登用が、定期的にあれば、登用条件もきちんと調べて、あなたがクリアできそうなら、今の会社で働き続けるのはアリです。

 

契約社員の正社員登用は、嘘でなないが、レアなケースが多い

 

正社員登用ありの会社でも、実際に多用している会社はレアです。

 

なぜなら、企業からすると、人件費の安い契約社員として雇用し続けた方が、コスト的なメリットがあるからです。

 

実際に、簡単に正社員になれるのであれば、みんな正社員になっているはずですが、ほとんどの人が契約社員のまま終わっているはずです。

 

今の会社の実績を確認しましょう。

 

正社員登用がほとんどないなら、転職を検討した方が良いです。

 

契約社員は、他社に正社員として転職するのが、一般的。人手不足の今はチャンス!

 

社内規定で契約社員が正社員になれない会社だと、当然ですが、正社員にはなれません。

 

長期間働くのなら、契約社員としてではなく、正社員として働く方が高収入になれます。

 

なぜなら、少子化、高齢化が進む日本。今はどこも人手不足なので、長期間働ける正社員を必要としているからです。

契約社員で長期間働かず、さっさと今の会社に見切りを付けて、他社に正社員として転職する方が収入面で有利です。

 

【全て無料】契約社員から正社員への転職準備は転職エージェントのサポートが必須

 

転職活動をするには、転職エージェントへの登録が必須です。

 

なぜなら、契約社員とはいえ、フルタイムで仕事をしながら、あなたに適した会社を選ぶのは、しんどいです。

 

転職したい会社が決まっていれば、その起業の転職サイトを見れば、求人情報はある程度わかりますが、それだけでは、実際の面接、入社試験の傾向といった情報が不足します。

 

現在、私は中途入社の採用面接を担当していますが、ほぼ100%が転職エージェント経由の応募者です。

 

会社の人事に確認したところ、転職エージェント会社で応募者のフィルターをかけてもらった方が、外れる可能性が低いメリットがあるので、エージェント経由にしているそうです。

 

あなたも転職エージェントの力を借りて内定を獲得しましょう。

 

転職エージェントに登録するメリット3つ

 

私自身も転職エージェントを利用して今の会社に転職しました。働きながら転職活動をする上で、転職エージェントに登録するメリットは大きく3つ:

  • 具体的に転職したい会社が決まってなくても、幅広い業種、職種から提案
  • 転職面接に向けた、書類作成のサポート、面接対策、面接日程調整
  • 内定後の雇用条件・給与条件の調整

をしてくれることです。

 

転職エージェントに登録するデメリットは?

 

デメリットというか、登録したら、

  • エージェントと面談し、あなたの希望の職種、条件等をきちんと伝える
  • 候補の企業が見つかったら、面接希望日等の連絡を取る

ことが必要です。めんどくさいと思わず、転職を成功させるためには、きちんとサポートをもらいましょう。

 

契約社員から正社員へ転職する方法と転職に強いエージェント3選

 

転職の応募方法は、

  1. 転職サイトに登録
  2. 転職サイトの求人情報を検索
  3. 気になる求人を転職エージェントに連絡
  4. 転職エージェントに転職の日程調整を依頼

要点を解説します。

 

転職エージェントは、1社だけでなく、できれば3社以上は登録しよう

 

なぜなら、特定の転職エージェントだけが持つ非公開求人があるからです。

 

また、エージェントに当たり外れもありますので、あなたに合わないと思ったら、迷わず担当エージェントを代えてもらいましょう。

 

複数の転職エージェントに登録しても、面談を土日の一日に固めてしまえば、何度も通う必要はありませんし、準備する書類も大体同じなので、手間は変わりません。

 

複数の転職エージェントの情報をフル活用しましょう。

 

契約社員から正社員で転職する人にオススメな転職エージェント

 

第一位 リクルートエージェント:業界No.1の情報量

・案件数、内定決定率がNo.1の国内最大手

・転職希望者の約8割が利用している

・幅広い職種の求人情報を保有している

・土日、祝日、平日20時以降も対応可能

 

第二位 doda:顧客満足度No.1のサポート体制

・顧客満足度No.1

・面接、応募書類対策のサポートは好評です

・女性には、女性専用アドバイザーが担当してくれる

 

第三位 パソナキャリア:女性の活躍を推進

・平日、土曜日は夜まで面談可能

 

複数の転職エージェントからの紹介企業が被ったら、どちらかに絞ろう

エージェントは、あなたが依頼した求人以外にも紹介してくれることもあります。

 

複数の転職エージェントが紹介してくれた会社が被った場合には、どちらかに絞りましょう。

 

一つの会社に二度採用試験を受けることになるからです。

 

エージェントにも「他の会社からの紹介先と被ったので、他にないですか?」と正直に伝えれば、対応してくれます。

 

できれば、内定後、条件の良い会社を選べるように、複数の企業を紹介してもらいましょう。

 

採用試験を受ける会社の社員の口コミは必ず転職会議で確認しよう

 

転職会議に登録しましょう。

 

転職エージェントから紹介された会社を深く知る上で重要なのが、実際にそこで働く社員の生の声を聞くことです。

 

転職会議に登録すれば、無料で全国の約20万社の100万件以上の社員の口コミ情報にアクセスできます。

社員の声がブラックよりなら、候補から外しましょう。

 

まとめ:契約社員から正社員転職への成功法則

 

仕事ができない正社員がいる中で、契約社員のままでいる人はもったいないです。いますぐ転職するつもりがなくても、転職サイトに登録して、情報収集はしておきましょう。

 

  • 転職サイトに登録する
  • 転職会議でその会社員の口コミを調べる
  • 就職面接を受ける

 

契約社員から正社員になりたいのであれば、今すぐ転職サイトに登録すべき。

 

まずは転職エージェントに登録しましょう!

コメント