転職サイトに登録だけでできることは?会社にバレずにできる?

転職サイト登録就職面接

「今すぐ転職するつもりはないけど、転職サイトに登録だけはあり?」

「転職サイトに登録するだけで会社にバレるの?」

「転職サイトに登録すると何ができるの?」

こんな疑問にお答えします。

実は、

・転職サイトに登録だけはOK!
・登録しても会社にバレません!
・無料で求人情報を見れる、紹介を受けられる!
・自己診断もできる!

転職サイトの登録にデメリットはありません

なぜなら、転職先の企業が転職サイトに紹介料を支払うビジネスモデルなので、登録、利用は無料だからです。

参考に大手の
・リクルートエージェント
・doda
・マイナビ転職エージェント
などは全て無料で、私もずっと登録し続けています

この記事では、転職サイトに登録するとできること、注意ポイント、おすすめの転職サイトを紹介します。

転職サイトに登録することを悩むことは一切ありません。気軽に登録して転職情報にアンテナを張り続けましょう。

転職サイトは登録だけでOK!デメリットなし

今すぐ転職するつもりがなくても、転職サイトに登録だけでもOK、無料で使えます。

転職サイトは3種類。どれも登録だけでOKで無料

転職サイトには、3種類:

・転職サイト:自分で求人検索&応募する
・転職エージェント:担当エージェントが求人紹介する
・ハイブリット型:上記2つを混ぜ合わせたサイト

ありますが、違いはあまり気にしなくて大丈夫です。

どれも無料で登録できます。

 

なぜなら、転職先の企業から紹介料を受け取るビジネスモデルなので、先々に転職するかもしれない潜在顧客も数多く登録したいからです。

実際、大手の転職サイト、転職エージェントは無料と大きく記載してます。

リクルートエージェント:リクルートエージェントは無料

マイナビ転職エージェント:マイナビ転職エージェントは無料

パソナキャリア:パソナキャリアは無料

 

転職サイト登録の心配事は?会社にバレない?

転職サイトに登録すると

・すぐに転職を強制される
・会社にバレそうになった

と心配をあおるサイトが多くあります。

ですが、本記事で紹介するサイトは転職を強制しませんし、何か言われても、「今すぐ転職は考えていません」と断るだけです。

また、会社にバレることは、まずありません。仮に、

・自分から周囲に転職活動中と宣言する
・会社のメールアドレスを使う
・会社のパソコンで転職サイトを見る
・詳細な自己プロフィールを公開

とかするとバレるかもしれません。

が、そんなことをしなければ、会社にバレることは、ありえません。

実際、私も15年以上、転職サイトに登録して、最近まで2回転職しましたが、転職を強要されたり、会社にバレたことはありません

同様に同じ会社から転職していった人が、
・どんな転職サイトに登録していた?
・いつ転職活動していた?
のか、転職後に聞いて初めて知ることができます。

ただ、「登録だけで、転職はまったく考えていません」と極端に登録だけを強調すると、「転職を成功させよう」とサポートする転職サイト、エージェントのモチベーションを下げるので、

 

「良い案件があれば前向きに考えたいです」と、転職の可能性を出すリップサービスはしましょう

 

エージェントが萎えます。

 

転職サイトに登録するデメリットほぼなし。3つ以上は登録しよう

転職サイトに登録するデメリットは、

・登録の手間:個人情報の入力
・面談時の交通費:大都市が多い

ですが、気にするほどではありません

なぜなら、

・登録は3分程度
・電話で面談可能

だからです。

例えば、パソナキャリアは3分で登録できます。

パソナキャリアは3分で登録できる

 

 

また、

・登録内容は、どこもほぼ同じなので、3つ以上登録する。
・転職エージェントとの面談は、一日に固める。

ことで、少ない労力で多くの求人、企業情報にアクセスできます。

実際、私は転職サイトに3社、エージェントに2社登録してますが、電話、Skype よりFace to faceがいいのですが、全社まとめて1日で面談してもらいました

予めメール、電話で要点を伝え、「面談には1時間しか取れない」と伝えておけば、移動時間を含めて、休日の一日で面談できます

面談の練習にもなるので、一日に固めるのはおすすめです。

これだけで、日本全国の求人情報にアクセスできるのは大きなメリットです。

気軽に3つぐらいの転職サイト・転職エージェントに登録しましょう。

 

転職サイト&転職エージェントにとりあえず登録だけする目的、メリットとは?

とりあえず登録だけする目的は、

・今の会社が日本全国の他の会社と比べて良い条件か確認する
・良い条件の会社があったら、転職の相談をする

です。

 

登録すると、

・日本全国の求人情報を見れる、応募できる
・非公開求人情報を見れる、応募できる
・自分の会社の情報も見れる
・自己診断できる
・求人のオファーを受けられる
・キャリア相談もできる

というメリットがあります。

 

私は、

・今の会社の条件を他社と比べる
・自己診断、エージェントとの面談で、収入アップのポイントを定期的に確認する

といった使い方をしています。

ここ2~3年は今の会社の条件が良いので、それ以上の条件フィルターを登録しているだけです。

圧倒的に良い条件の案件があったら、連絡がくるようにしています。

日本全国の求人情報を見れる、応募できる

転職サイトに登録すると、そのサイトが持っている日本全国の企業の求人情報が見れて、自分から応募できます

求人情報には参考年収もあるので、求人情報を見るだけでも面白いです。

転職せずに求人情報を見るだけでも、いろんな会社の年収もわかり、条件の良い求人が見つかったりします。

転職サイトを使って転職する人の約7割は年収アップするそうです。

 

非公開求人情報もわかる

転職サイト、エージェントが持っている非公開求人情報から、あなたに合った求人を紹介してくれます

 

非公開求人とは・・・転職サイトや企業HP等に掲載されない、非公開な求人です。

非公開にする主な理由は、

  1. 事業戦略に直結している
    例) 極秘プロジェクトのメンバー募集、特定業務の経験者募集
  2. 転職エージェントに採用を任せている
    例) 退職や異動で急にボジションが空いたため、即戦力人材を募集

私の会社は2のケースで非公開にしています。応募者のフィルターをエージェントに任せ、良い人材を効率的に集めることができます

 

今の会社と比較できる

同業他社がどんな求人を出していて、年収はいくらかを比較できます。

実は今の会社の方が他社より条件が良かったりすると、「しばらくは転職しなくて良いかな」と納得できます。

自己診断テストを利用できる

自己診断テストを掲載している転職サイトも多いです。

例えば、dodaに登録すると無料でキャリアタイプ診断ができます。

dodaキャリアタイプ診断
dodaキャリア診断サンプル

履歴書、職務経歴書作成のサポートだけでなく、自己診断テストで自分の強み、弱みを客観的に分析できるのはキャリアを考える良い機会になります。

プロフィールを公開して企業からアプローチを受ける

転職サイトに登録後、自己プロフィールを入力して、スカウト機能を使うと、あなたに興味を持った企業からアプローチが来ます

転職するつもりがなくても、アプローチを受けると、「まだまだイケるな」と自信が持てます。

アプローチが来ても、その企業に興味がなければ、無視でOKです。

キャリア相談は、ほどほどに。自分に合う担当者、エージェントを探そう

登録後、1週間ほどでエージェントから「今後のキャリアを相談しましょう」的な電話がかかってきます。

キャリア相談では、

  • 転職できそうな会社
  • 希望にあった求人紹介
  • 各業界の情報
  • あなたの市場価値

を教えてくれます。

転職サイトの担当者やエージェントは、準備、面接、転職内定後の手続きまでサポートしてくれるので、良い関係を築きましょう

ただ、合わない担当者、エージェントもいますので、合わない場合は、遠慮せず、変えてもらいましょう

おすすめの転職サイト、転職エージェントと特徴を紹介

 

まとめ まずは転職サイトに登録

・転職サイトに登録だけでもOK

•転職を強制される、会社にバレることはない

・登録だけで全国の会社の求人情報、給料相場もわかる

ことを紹介しました。

今は転職を考えていない人も登録は無料なので、いざと言う時に備えて転職サイトに登録しましょう。

コメント